CSR

三菱ガス化学トレーディングは、「化学にもとづく幅広い価値の創造を通じて、社会の発展と調和に貢献する」という
三菱ガス化学グループの存在理念のもと、社会から高い信認を得続ける企業グループの一員として活動を行ってまいります。

具体的な取組み

環境への取組み

環境理念

当社は三菱ガス化学グループの一員として、環境保護を意識した行動を通じて、次世代につなぐ豊かな自然環境の創造と将来にわたって持続可能な社会発展の実現に貢献します。

環境方針

1.環境影響の向上

技術指向の化学品専門商社としての特長を活かし、環境に有益な製品やサービスの提供・提案を行うことで環境影響の向上に寄与します。

2.法令等の順守

事業活動に係る法令はもとより、その他の利害関係者からの要求事項を順守します。

3.省エネルギー・省資源活動の推進

当社の経営資源を有効に活用し、業務の有効性と効率性を実現することで、省エネルギーや省資源に努めます。

4.継続的な改善

事業活動に伴う環境目的・環境目標を設定し、その達成に取り組むと共に、環境保護に考慮した経済活動を通じて環境マネジメントシステム(Environmental Management System)の継続的な改善に繋げます。

5.環境方針の公開

当社の環境方針は、当社内に周知すると共に利害関係者に公開します。

2020年10月1日
三菱ガス化学トレーディング株式会社
代表取締役社長 大塚 裕之

※環境マネジメントシステム(Environmental Management System)は未だ構築中ですが、2021年の事業年度迄に審査登録機関からISO14001の登録証交付が受けられるよう目指して参ります。
尚、一部ビジネスユニットにおいてはISO14001の認証を取得しておりますので、認証取得状況につきましては事業推進部ISO推進グループにお問合せください。

コンプライアンス

三菱ガス化学トレーディング株式会社は、「コンプライアンス」を、法令・社内規則・社会規範等を遵守するとともに企業としての社会的責任を認識して公正で透明・自由な事業活動を行うこと、と定義しています。
したがって、当社の役職員にコンプライアンスに対する違反行為、不適切行為があった場合、関係者の方々からそれを通報・相談していただくことは、当社が社会的存在として活動をしていく上で欠かせないものと考え、コンプライアンス窓口を設置しています。

1.窓口を利用できる方

  • 当社の役職員と家族、派遣社員
  • 当社と取引関係のある企業の方

2.通報・相談の対象

公益通報者保護法第2条第3項に規定する「通報対象事実」が当社において生じている、またはまさに生じようとしている場合

3.通報・相談の方法

<社内窓口>

下記コンプライアンス窓口にEメールでお願いします。専用の用紙をメールに添付してご利用ください。
E-mail:internal-audit@mgctrading.co.jp

4.通報・相談への対応

  • 通報・相談に基づき、事実関係の調査を実施し、必要な是正処置を行います。また通報者へフィードバックを行います。

5.その他

  • 原則として匿名での通報・相談は受け付けておりません。やむをえない事情で匿名とする場合は、この理由を記してください。
  • 公益通報者保護法の定めにより、この窓口を利用したことで通報者が不利益を受けることはありません。
  • 単なる誹謗中傷や根拠のない告発、嫌がらせなど、不正な意図を持った通報・相談には対応しかねます。