取扱製品詳細

取扱製品

ギ酸

ギ酸は1個のカルボキシル基を有する最も簡単な構造の有機酸で、刺激臭を有する無色・透明な液体です。1670年に発見され、最初赤蟻を蒸留して得られたので、蟻酸の名があります。酢酸よりも強い酸性を示しますが、アルデヒド基により還元性も併せ持つといった特徴を有しており、化学的性質及び物理的性質を利用して、染色・ゴム・皮革・医療・香料・化学など、広く利用されております。

主な用途

分野 用途
家畜用飼料 防腐剤、抗菌剤。
金属処理 銅のエッチング。
繊維 漂白(亜塩素酸ソーダによる酸性法)、動植物及び化学繊維の染色助剤、pH調整剤。
皮革 水漬、脱灰、浸酸、クロムなめし、染色、タンニンなめし。
ゴム工業 ゴムラテックス凝固剤。
香料 各種エッセンス原料。アルキルエステルによる果実の芳香付与。
医薬・農薬 医薬中間体原料。アルコール類と化合してエステルを製造。
化学工業 ギ酸化合物・ギ酸重合体・溶剤・合成樹脂触媒等の原料。

製品仕様

分子式: HCOOH
分子量: 46.03
外観等: 無色透明の液体
臭い: 刺激臭
溶解性: 水と易溶
濃度: 40%、76%、88%、95%、99%
荷姿: ポリ缶、ドラム、ローリー